黒野まちづくり

安全で安心して暮らすことのできるまち、活力と魅力にあふれたまちをめざして…


各種団体のご紹介

黒野スポーツ少年団

 黒野スポーツ少年団は現在「野球」「剣道」「バレーボール」「ソフトボール」「柔道」「バドミントン」「サッカー」の7クラブで構成されており、団員数は約160名、指導者・役員は120名を超えるスポーツ少年団です。
 春の団員募集のあと、全団員の交流をはかる「グランドゴルフホールインワン大会」で子ども達は種目を超えて一気に打ち解け、新年度をスタートさせます。
 夏には各クラブのキャンプや合宿、遠征などの行事があり、終日を共に過ごすことによりチームの結束が強まり、と同時に子ども達それぞれがぐんと成長する姿を見ることができます。
 秋には市民運動会や歩け歩け運動大会へ参加。黒野のまちなか歩きのあとは、おいしい豚汁、焼きそば、綿菓子のふるまいに楽しい時間を過ごします。
 年末には日ごろお世話になっている体育館・道場・グランドなどの大掃除を通して、感謝の気持ちを育みます。そして、練習や試合で精神的な強さを見せ始めるのもこの時期です。
 新年が明けるとすぐに「新年餅つき大会」「大繩跳び大会」が催されます。クラブごとにチームを組み、大繩跳びで身体が温まったところで餅つきです。日本の伝統文化である臼と杵で餅をつく事は仲間同士で協力して一つの目的を成し遂げる心を育てます。
 年度末には「地区スポーツ少年団王将ドッヂボール大会」への参加もあり、日ごろ慣れた種目とは違うスポーツで汗を流します。
 6年生の最後には楽しく「卒団ボーリング大会」をして卒業です。
 黒野スポーツ少年団は各種目の活動に加え、このような全体の行事が季節ごとに催されていることが大きな特徴です。
 各クラブでは「岐阜市スポーツ少年団野球大会優勝(野球)」「岐阜北ロータリーカップ優勝(バレー)」「全国小学生学年別柔道大会優勝(柔道)」「ジュニアバドミントン大会東海大会出場(バドミントン)」「全日本少年サッカー大会県大会出場(サッカー)」など様々な大会で成績を残しています。
 また、黒野スポーツ少年団出身の選手が中学高校でも全国大会などで現在も活躍を見せてくれています。
 各クラブでは年間を通していつでも見学・体験を受け付けています。お気軽にご相談ください。

役 員

団  長 柴田 弘明(239-0937) 剣道クラブOB
理事長 宮川  透 バレークラブOB
副団長 矢田 孝二 ソフトクラブOB
副団長 川島 貞夫 柔道クラブOB
事務局長 蒲  高正 野球クラブOB
事務局 伊藤  崇 サッカークラブOB

黒野スポーツ少年団 活動写真1